top of page

かぐや姫の里 雅楽演奏会


今回、篳篥の髙多祥司さん、笙の野津輝男さんと関金で雅楽を演奏しました。竹灯籠のほのかな灯りに照らされる竹林を舞台にしました。

<”雅楽”とは?> 朝鮮半島や中国大陸などアジア大陸の諸国からもたらされた音楽や舞が、日本古来の歌や舞と融合してできた音楽芸術。10世紀頃に大まかな形態が成立し、その後さまざまな変遷を経て宮内庁式部職楽部を中心に現代に伝承されている。 1955年に国の重要無形文化財に、2009年には世界無形遺産に登録。 雅楽には「管弦」「舞楽」「歌謡」の三つの形態があるが、今回は笙、篳篥、龍笛の三つの楽器からなる「管弦」を上演。

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

藝大プロジェクト第1回「舞い、謡う。仮面のアジア」

藝大プロジェクト第1回「舞い、謡う。仮面のアジア」にご来場いただきまして誠にありがとうございました。 舞楽(日本)、タルチュム(韓国)、トペン(インドネシア)と、3つの異なる仮面劇をご覧いただきました。 雅楽に参加しました。 次回、第2回「語り、交わる。仮面のヨーロッパ」は11月25日(土)に開催いたします!

Comentarios


bottom of page